抑毛効果のある献立とは

感嘆仰天!脱毛に良いご飯がいるなんて信じられますか?

誠に、起こる・・・というと思い違いを招いてしまうので、「どういう部分なの?」っていう?を解消していきたいと思います。

厳密に言うと、脱毛に素晴らしいご飯を食べると髪の毛が抜き取れるとかいうことではなく、長期的にバランスよく食事することで「抑髪の毛働き」が期待できる献立があるんです。

ご飯を食べて脱毛できるなら、ヘアーとかも抜けちゃいますよね(^^;

どういうことかというと、体毛の生えお客様はホルモンに影響されます。

なので、このホルモンが重要になってくるわけですが、単に「性ホルモン」が重要になってきます。

ホルモンという方は、体内で分泌されるわけで、体調を仕掛ける要素ですが、血液や肉と同じように献立から取り込まれた養分で作られます。

その時に「夫ホルモン」が多くなると体毛が濃くなり、「女ホルモン」が増加すれば体毛は薄くなるのです。

女の体内でも、ホルモン均衡の失調などで夫ホルモンが上がったり、女ホルモンが少なくなったりすることがあります。
減量や緊張、食べ物の失調が原因で女ホルモンが減少する女性は少なくありません。
実り、体毛が高まる、濃くなるなど「体の夫化」が起きることもあるんです。

でも、女ホルモンが少なくなってしまったら、ご飯で補給することができます。
女ホルモンに似た働きをする養分を入れることで、体のホルモン均衡を整え、夫化した体調を元に戻すことができるのです。

だから、バランスのいいご飯が大事なんですね。

抑髪の毛効果のある献立

では、実にどんなご飯がムダ毛を薄くする効果があるかというと、女ホルモンという観点で言えば、大豆グッズや豆乳は抑髪の毛働き献立の代表格ですね。
大豆や大豆製品に留まるイソフラボンは女ホルモンによく似た使い道をし、体内で少なくなってしまった女ホルモンのバリエーションをしてくれます。

豆乳ローションが抑髪の毛に良いなどとよく言いますが、体の内側からも効果があるということですね。

また、他にはGI価値(炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に出す統計)の少ない献立がおすすめです。
例えば玄米、ひじき、ホウレンソウといった献立たちになります。

GI価値が高ければおっきいほど、その献立は体内の血糖価値を上げてしまいます。
血糖価値が上がるとインシュリンが山積み分泌され、夫ホルモンの分泌が促されてしまうんです。
実り、体内で夫ホルモンが目立ち、体毛も濃くなって仕舞うというわけです。

GI価値のおっきい献立は炭水化物を殆ど取り込む賜物や、糖度の厳しいものが多くなっています。
別に手軽に食べられる菓子パンや、イモみたい、砂糖は要注意です。
普段せわしないからとついついやり方をのばしてしまいがちな献立ですが、ひょっとしたらそれがムダ毛を増やす原因になっているかもしれないんです。

抑髪の毛効果のあるご飯を上手に取り入れて、キレイモに通えば、より働きが高まりそうですね(^^)
脱毛ラボ 錦糸町店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です